ご注文はカフェインですか?

コーヒーは浅煎りで

スイス滞在記【58日目】

経過良好

下痢じゃない

朝食はまだ元の量が食べられないでいるが,何とか食欲も戻ってきた.

大も下痢じゃなくなってきたので本調子になりつつありそう.

Grope meeting

BIOROBでは研究毎のグループがあり,(大抵の研究室にはあるか)それぞれが月一で進捗報告のmeetingを行う.

普段の全体ミーティングよりも長く濃密な議論ができるのが特徴である.

しかし食中毒かつ前回の発表から余り時間も経っていなかったので,大したことも話せなかったが,まあpure pursuitやりますとその内容紹介をした.

重昼食

お昼にいつものタイフードトラックを選んで,ご飯少なめにしてもらったが,それでもかなりヘビーであった.

完食は流石にできず、、

スパイス使っている料理はもう少し様子見たほうがいいかも.

爆睡

昼食後,少し経ったらすごく眠くなってしまって,結局昼寝をしてしまった.

うーむ.

留学してからの昼寝は初めてかもしれん.眠気を感じることはいくらか在ったけれど.

インスタント焼きそば

お昼寝から起きて作業再開して暫く経つと,いきなりしょっぱいものが食べたくなった.

食欲が急に出てきてびっくりしたが,これは好機と日清のインスタント焼きそばを買って食べました.

意外と完食出来て,味はまあ普通.

というか,スイスで心からうまいと思える食事をしたことが無いんだよな.

日本だったら運動後に焼肉とか,チートデイの唐揚げとか色々あるけれど,スイスはとにかく常に4-5点の食事しか無い.

厳密にはきちんと探して行けばあるんだろうけれど,それでも日本人の舌に最適化された料理というものは無いんだろうなと思う.

回復期の食事選びにもすごく苦労するし,海外にいると改めて日本人として日本で暮らせることのありがたさが身に染みる.

夕食

変な時間に焼きそば食べたので夕食は遅めにとった.

が,やはりまだ本調子のところまで回復しておらず,とりあえず今週中には完食を目指せるところまで回復したい.

あと,ジムにも行きたい.行ってきちんと栄養を取れるようにしないといけないから辛い.

 

スイス滞在記【56-57日目】

小康状態

56日目

朝は不調

朝起きるとどうしても不調となる.

朝食は軽めにとって少し横になってました.

午後は散歩

少し楽になったので午後はレマン湖周りを散策.

ただし,防寒はしっかりと.

湖畔は空気がおいしく感じられて,気分が少し楽になりました.

夕食はお寿司

そのままフロン地区に行って,食事の買い出しと,ハーブティーを買いました.

natsuko-cowbell.hatenadiary.com

スイスではハーブティーで簡単な体調不良は対処してしまうらしい.

修道士シリーズとして有名で,胃腸に効くやつもあるみたいなので,それを購入した.

後は,クノールの野菜スープを買って飲む.今までは全く飲んでいなかったのだが,体が温まっていいなと感じた.

でも一番は味噌汁がのみてえな.日本人だもの.

ハーブティは薬草感あって少し飲み辛かった.

57日目

食欲不振

朝の昨日よりは楽に.朝食の量を増やしてみました.

がまだ食欲を感じるというところまでは至らず,相変わらずの不調が続く.

幕尻優勝

初場所は徳勝龍が幕尻優勝である.

先場所までは十両で,再入幕だそう.33歳.

こういうチャンスを物にできるのはとにかく見習いたい.

上位陣が不調,貴景勝も最後にらしくない相撲となってしまったよな.

午後はEPFL

だいぶ楽になったので午後はEPFLで遅れを取り戻したく,作業.

差動式2輪部分のコントローラはpure pursuitが良さそう.

必要なパラメータとか諸々の取得とか調べて,具体的には明日以降.

夕食

少し食欲が回復したので,チキンサラダと卵を食べる.

食べてて思ったのは食中毒の原因もしかして卵では?

生卵やし.うーむ、、

これはまた明日以降の経過観察やな.

ちなみに食後は30分くらいしたらちょっとだるくなってきました.

胃腸はまだ本調子じゃあ無いみたい.

明日に実はミーティングありで焦っている.

スイス滞在記【55日目】

食中毒

下痢地獄

深夜すぎから下痢に襲われる.頭痛と悪寒は過ぎ去ったものの,今度は腸にダメージが来た.

おそらく食中毒なのだと思うが,何にあたったのかいまいちわからない.

スイスではアホみたいな医療費を請求される+予約制で一週間待ちとからしいので自力で治すのと予防がとにかく大切なのだが,食中毒に関しては料理していないからなんとも言えぬ、、

そのまま何度も水様性下痢で朝まで眠れず,しかも肛門がむちゃくちゃ痛い.

腸液がアルカリ性のため,粘膜が溶かされているのだとか.そりゃあ痛いわ.

朝はヨーグルトとはちみつのみで溜まっていた洗濯物を片付けて,仮眠.

昼ぐらいにまた起きるも,下痢の症状が続く.

ひたすら水分補給である.

回復期

昼寝等も挟んで,夕方になると症状が良くなってきてので,野菜スープとすりおろしりんごを食した.

美味しい.

胃腸が弱っているので徐々に刺激の少ないものから摂取していく.

カタボリックは怖いがこればっかりはどうしようもないか.

明日には快方に向かっているといいな.

スイス滞在記【53-54日目】

体調不安

53日目

進捗報告会

会とは言いつつ,マスタープロジェクトの発表があるので,オレ一人の進捗報告であり大体30分.

まだ研究要素には手がつけられていないが,感触は概ね良かった.

次の課題や方向性についていいフィードバックが得られたのでさらなる成果を生み出せるようにする.

お昼

英語がわかる日とわからない日がある.今日はわからない日.

というよりかなり調子が良くないと会話に参加できないんだけど、、

日々訓練ですな.スイスは外国人が多いのでいろんな訛りの英語があってそれも理解しにくい一旦なのだろうか.

後はとにかくボキャブラリーが少ないね.

背中トレーニン

ジムに行き背中を鍛えたが,ラットプルダウンで肩が痛くなる.

やっぱり何かのダメージが残っている.朝起きると絶対痛いし,寝返り後の姿勢とかで肩に負担かかっているのか.

悪寒

ジム終わりから一時間ぐらいで頭痛と悪寒がする.

もしかして風邪なのか?

食欲がなく,夕食も残してしまった(硬い米で食う気が失せたのもある).

今日は早めに寝て回復に努める.

54日目

頭痛続く

朝起きても頭痛が治まりませんでした.

夜中も何度か起きてしまった.もちろん朝食は食欲がなくても流し込んだ.

栄養補給が大事派です.カタボリックにも良くないので.

が,回復に努めるなら無理に食べずに水分補給のみがいいとの話もある.

俺は筋肉が落ちるのを防ぎたいが.

無理やり行く

熱なし,咳なし,鼻水なしなので研究室に向かいました.

午前中うだうだしながらレンダーチェックしていたら頭痛と悪寒がだいぶ増しになった.

が食欲は回復しない.

それでも皆とお昼をともにした.ハンバーガー食べてしまって,ちょっとだめだったかも、、

脂質が消化に良くないよね.

午後悪化

食事のせいか,午後に体調がまた悪化してきた.

背中の痛みがあるんだけど筋肉痛なのか,風邪によるものなのか判別つきにくい、、

結局パフォーマンスが戻らなかったのでそのまま帰宅,後は安静にして寝ます.

スイス滞在記【52日目】

追い込まれています

Safety lecture

朝8時からEPFLの研究室在籍者による安全講習がありました.

項目は事故時の人命救助,心臓マッサージと姿勢変更の練習及び火事のときの消化器のしようと火元の座学.

眠い+英語コンボでなかなかの苦痛でしたわ.

結局昼までかかってそのままお昼になりました.

Simulations

シミュレーションパターンの洗い出しと今後の課題抽出でかなり時間使いました.

結局夕飯時までやる羽目に.

普段から頑張っておけばなぁと思いました(n回目).

資料作り

夕食後は資料作りに.

これも真夜中まで費やす.

ねみい.明日は頑張りやす.

スイス滞在記【50-51日目】

継続は力なり(戒め)

50日目

Go to EPFL

進捗+資料作りのためにEPFLへ征く.

来週から修士学生のセメスタープロジェクト発表や期末試験が控えており,日曜とはいえ学生でひしめき合っていた.

お昼は地域密着がたファストフード店であるHoly Cow!でアボカドベーコンチキンバーガー.

1600円かぁ.たっけぇなぁおい.久々に食べたけれど,日本円で考えたらスイスに物価の高さが久しぶりに実感できた.

上半身トレ

ボルダリングで肩痛めてからジムに行けてなかったので,久々にジムへ.

様子見ながら低重量・高レップでベンチプレスや肩周りにトレーニング.

バックプレスで少し痛みがあったがそれ以外は概ね良さそう.

インナーマッスルも鍛えて怪我しない体つくりをします.

若き選手の祝宴

競技が終わった選手たちがワイワイと盛り上がっていた.

トップ選手とはいえ中高生は日本でも海外でも変わらないのかなと思いました.

コーチ陣は何やら打ち合わせしていたけれど、、

51日目

マスタープロジェクト

修士学生たちは朝から発表やらテストやらで大忙しみたい.

まあ,卒業がかかっているみたいだし大変だよねぇ.

修士研究は約半年で成果を出すみたいなので日本の学生より辛いかも?

ただ,Ph.D学生やポスドクが基本的には受け入れて,その研究のサポート業務みたいなことをするみたいなので,ある程度はやりやすいかもね.

スイスでは日本みたいに修士で卒業してそのまま就職する学生が多いらしい.

大学院行ったら博士まで目指すのはアメリカとかのぐらいなんだろうか.

Simulation

進捗報告のために色々シミュレーション回しています.

が,結局地面を正確に再現できない以上,どこまでもパターン検証みたいになりそうよな.

そこが問題.

そうなるとどういう環境設定にしていくかが大切になってきて,ここで上手く現実との整合性をとれないと全部おしゃかになってしまうから注意したい.

Inter Labs Party

ロボティクスの研究室が集まって新年会を行いました.

参加者は一人一品の料理orお菓子or飲み物を持ち込むルール.

またトレジャーハントという催し物が在って,謎解きしながら宝探しをするのだが,これが本格的で面白い.

ロボティクスの研究室らしく,回路を作って見たり,モールス信号を解読したり,オシロスコープで音の波形みたりでかなり面白い内容であった.

f:id:feynmanrp:20200121063555j:plain

マイクロスピーカーを作って音波解析した結果.何を示しているのか、、

f:id:feynmanrp:20200121063741j:plain

QRコードを読み込ませた結果,これまじでわからなかった

f:id:feynmanrp:20200121063912j:plain

先程のスピーカーの音階解析,ステップ数に意味あり

我らがさかし求めていた宝は,大量のお酒でした.

その後はワイワイと歓談して,順次解散となりました.

まあ殆どが宝探しの時間だったので(2時間くらい),飲み会は40~50分程度で切り上げました.

明日は朝からセキュリティレクチャーなので早起きがんばります.

スイス滞在記【49日目】

欲しいもの,進捗

成功者の習慣

Daigoがおすすめしていたやり抜く人の9つの習慣を読んだ.

要は人間は忘れやすい生き物なので具体的な目標を書き出して毎日意識しましょうというもの.

その際にポジティブに考えるとか,条件付の話もされていて,日々のタスク管理にはもってこいの内容であった. 

著者のハイディは心理学者で大規模なリサーチから得られたエビデンスをもとに目標を達成するためのノウハウが詰まっている.

これをやれば俺も進捗生産マシーンになれるぜ!

続刊もあり,こちらはやる気スイッチの見つけ方である.

 Keynoteを使う

MacユーザーはパワポよりもKeynoteを使うはずだが,やっぱりAppleはこのデザイン系のソフトではまだまだMicrosoftよりも優れているなと実感した.

ちなみに研究者向けのテンプレートは以下のものがあるのでおすすめです,

sanographix.github.io

shoya.io

日本語ユーザーに出会う

そのまんまなんだけど,スタバで日本語を勉強している子とその先生に遭遇.思わず話しかけた所,どうやらスイス人とのハーフらしい.

見た目ゴリゴリの外人なのに話してみると,所作が日本人ぽかった.

相手も日本人はめったに会わないらしく驚いていた.

想定外の邂逅であったが嬉しい気持ちにもなった.

研究がんばりますわ.